眼科の看護師求人/転職/募集情報

  1. ナース専科 求人ナビ
  2. 眼科の看護師求人

どんなお仕事?

眼科の看護師の主な仕事は目の洗浄や点眼などの処置、患者さんに対する検査内容の説明、検査業務など。
特徴は検査業務が多いことです。

視能訓練士が行う視力検査、眼圧測定、眼底測定、網膜検査などの補助が中心ですが、視能訓練士が在籍していない場合は看護師がこれらの検査を行います。
また、医療機関が保有する施設によっても業務内容が異なります。外来診療のみの医療機関の場合、看護師の仕事は検査や診察の介助が中心ですが、手術室がある場合、患者さんに対する手術の説明、手術の介助も行います。
入院施設がある医療機関では入院患者の対応も必要とされます。目の疾患や手術は患者さんにとって非常に不安が大きいものなので、患者さんの不安定な気持ちを和らげるようなケアや対応が看護師に求められます。

メリット・デメリット

◆メリット◆

目の構造や疾患の知識、検査といった眼科ならではの専門的な知識を身に付けることができます。
眼科は入院施設のある医療機関が少ないため夜勤はほぼありません。患者さんの生死に直接関わることも少ないので、看護師にとって心身ともに負担が少ない診療科といえます。

◆デメリット◆

眼科に特化した専門知識が多く、慣れるまでは覚えるのが大変。せっかく身に付けた知識も他科では発揮できないことが多いようです。
また、夜勤がないためその分のお給料が下がる可能性もあります。

どんな人に向いている?

夜勤のない医療機関が多いので、プライベートや家庭を大切にしたい人には最適です。
専門知識を学んで検査の技術を身に付け、経験を積むのが好きな人に向いています。

関東

関西

東海

北海道・東北

北陸・甲信越

中国・四国

九州・沖縄

このページのトップへ

ナース専科 求人ナビトップへ