病院(一般)の看護師求人/転職/募集情報

看護適職フェア[無料] 最大4,000円分クオ・カードプレゼント
  1. ナース専科 求人ナビ
  2. 病院(一般)の看護師求人

看護師の資格を生かせる!看護師の職場特集

病院の仕事

病院とは

病院とは医師または歯科医師が診察・治療を行い、病床数が20以上ある医療機関を言いい、19床以下または入院設備を持たない医療機関は診療所となります。病院には、国が運営する国立病院、大学等に附属される大学病院、自治体や日赤等によって運営される公的病院、組合などが運営する社会保険病院、多数の診療科を持つ私立の病院、眼科や精神科などの専門病院があり、それぞれ運営の母体や規模が違います。 病院の仕事は「外来」と「病棟」で分かれており、「外来」では病気やけが、健康診断のために訪れる患者の診療を行っています。患者が入院しているところを「病棟」と呼び、一般的には診療科目別に分かれていますが、最近では混合病棟も増えています。

病院での仕事内容

病院の「外来」での仕事は、主に自宅など病院以外で生活を送る患者を対象とするため、限られた時間の中で適切なアドバイスをします。また、事故や急病などへの対応を行う救急外来の場合、突発的な事にも対応する必要があります。

「病棟」での看護師の仕事は、24時間体制で患者を看るので、それぞれの患者に必要な処置はもちろん食事の介助など、生活の手伝いも行います。交替制で看護を行うため、ミスのないよう「申し送り」やコンピューター等で情報共有を行います。こういった伝達作業や看護記録の作成など、事務的な仕事も必要です。また、医師との連絡から指示を受け、対応することも少なくありません。看護師として幅広いスキルを身に付けることが出来るのが、病院という職場です。

特定機能病院とは

病院の中には特定機能病院と呼ばれる病院があります。特定機能病院とは、 高度な医療を提供するとともに、そのような医療に関する技術開発や評価、また研修などを行うことのできる、10以上の診療科・500以上の病床を持つ施設で、医療法に基づき厚生労働大臣に承認されている病院です。 高度な医療を必要とする患者さんを対象とするため、主に一般の病院や診療所からの紹介を受けて診察をしています。

また先進医療を行うため、他の病院に比べ看護師の人員配置や設備が充実しているのも特徴です。現在は、各都道府県に1つ以上の特定機能病院が存在するように整備されています。

特定機能病院での仕事内容

特定機能病院も一般の大規模な病院と同じように、患者さんの世話をしたり診療のサポートをします。

大きな特徴は、一般の医療機関にて広く実施することの難しい高度先進医療に触れる機会が多い点です。専門看護師や認定看護師も他の病院に比べ多く在籍し、看護師も最先端の知識をもってモデルケースとなるような医療を行う必要があります。 高度な知識や技術を学びながら働くことは、ハードに感じることもあるかもしれませんが、充実した教育制度や地域からの信頼により、高い意欲をもって取り組むことができる職場です。

関東

関西

東海

北海道・東北

北陸・甲信越

中国・四国

九州・沖縄

このページのトップへ

ナース専科 求人ナビトップへ