内視鏡の看護師求人/転職/募集情報

  1. ナース専科 求人ナビ
  2. 内視鏡の看護師求人

どんなお仕事?

内視鏡検査は食道や胃、腸、肺、尿道、膀胱、腎臓、子宮などの体内を観察、診断、治療することを目的としています。看護師は検査前の患者さんに対する説明、検査の準備、検査中の医師の補助と患者さんの観察・ケア、検査機器の洗浄・消毒などを行います。

バイタルチェックや点滴といった一般的な看護業務も行います。内視鏡は苦痛を伴うものもあり、患者さんにとって不安が大きい検査です。
患者さんの不安を軽減するためにコミュニケーションを図り、検査に関するわかりやすい説明を行い、検査中に声がけをして患者さんの精神的なサポートをすることも看護師の大切な仕事で、これらの働きがスムーズな検査につながります。

メリット・デメリット

◆メリット◆

内視鏡の検査は予約制が多く、夜勤はほぼありません。
常に技術が進歩している分野なので最先端医療に携わることができ、経験を積めば内視鏡技師の資格を取得してスキルアップすることができます。

◆デメリット◆

経験と技術が必要なので慣れるまでには時間がかかります。
常に新しい技術や機器が開発されている分野なので、勉強会や講習会への参加に時間を割かれることもあります。医療機関によっては一日に十数件もの検査があって多忙です。

どんな人に向いている?

患者さん・ご家族とコミュニケーションをとるのが得意な人、専門的な技術を身に付けたい人、新しい知識・技術を勉強するのが好きな人、看護師としてのステップアップを目指す向上心のある人が向いています。

関東

関西

東海

北海道・東北

北陸・甲信越

中国・四国

九州・沖縄

このページのトップへ

ナース専科 求人ナビトップへ